2014年05月20日

ドラゴンマガジン7月号「悪魔交渉人」短編掲載のおしらせ

DRAGON MAGAZINE (ドラゴンマガジン) 2014年 07月号 [雑誌] -
DRAGON MAGAZINE (ドラゴンマガジン) 2014年 07月号 [雑誌] 富士見書房-

 ――磯崎さんも、絵、好きなんだ。嬉しいな。私も油彩やるんだ。

 以前、彼女はそう言って、目を輝かせていた。
 私の大切な友だち、野咲。
 あなたの描く絵が、ある日がらりと変わってしまってから、私は気になって仕方ない。

 あなたに一体何が起こってしまったのか。
 あなたの絵に描かれた『あれ』が、一体なんなのか。

 ふたりの少女の間に起こった、才能をめぐる小さな事件。
 悪魔交渉人と呼ばれる男、鷹栖晶(たかすあきら)は、そこに悪魔の気配を感じ取る。

■□■
本日発売のドラゴンマガジンに、6月新刊「悪魔交渉人」の短編、「箱庭の悪魔」を掲載していただいております。
挿絵の描き下ろしはありませんが、小説はショートショートではなく、一話完結のきちんとした短編です。
6月創刊のL文庫特集もあり、とのこと。
ひとあし先にL文庫の空気を味わっていただければと思います。
その他も豪華執筆陣のドラゴンマガジン、どうぞよろしくお願いいたします。

※短編の文庫再録予定は今のところありません。
posted by 栗原 at 07:32 | TrackBack(0) | 刊行情報 | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

L文庫創刊と新刊のおしらせ

2014年6月、富士見書房さんから富士見L文庫が創刊されます。

http://www.fujimishobo.co.jp/sp/L_novel/

一般小説とライトノベルのいいとこ取り的な傾向で、ライトミステリやファンタジーを扱う予定とのこと。
創刊は6/14(毎月15日発売ですが、6/15は日曜のため)です。

私、栗原ちひろも、6/14発売の創刊ラインナップに加えていただいております。
「悪魔交渉人1 ファウスト機関」、カバー装画は「オペラ」シリーズ、「六使徒」シリーズに引き続き、THORES柴本さんにいただきました。
現代もので悪魔ネタです。
詳しい告知は今月後半に公式サイトで公開されるかと思いますので、もう少々お待ちくださいませ。

待ってくださっていた方には、大変お待たせいたしました。
以前よりゆっくりペースになるかもしれませんが、また頑張ってまいります。
posted by 栗原 at 15:26 | TrackBack(0) | 刊行情報 | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

その名の通りの近況

こちらではご無沙汰しております。
栗原ちひろです。

少女小説を少しお休みするということで、裏で色々と動いています。
軟着陸も、背伸びも、ちょっと意外な方向もありで行きたいな〜と思っている今日この頃。
応援してくださる方はいるので、あとは自分がどれだけ書けるかの問題です。

読者の皆様には、何やらご心配をおかけしているむきもあるようで、「どのように応援したらいいですか」と、ありがたいお言葉をいただいたりもします。
それもこれも私が不甲斐ないからだなあ、と思うのですが、焦ってもせっかくリセットした意味がなくなってしまうので、納得できるものが完成するまで、地味に己と闘っていこうと思うのです。

そんなこんなで自分の非才っぷりにギリギリしながらひっそり活動していたら、いきなり体調を崩し、人生初入院を体験してきました。
テキトーめの生活態度とは(多分)関係なく、元々体も丈夫な出来なので、今回は運が悪かったというか、まあ、こういうこともあるよね、というような話です。
開腹手術だったのですけれど、命に別状はなく、術後の生活への影響も最低限で済むはずなので、私はむしろ運がよかったのではないかなあ、という感想。
白くて四角い国で過ごすうちに、大分体力が落ちてしまったので、無理せずじわじわと日常に復帰していきたいところです。

早く外でひとと飲める程度になりたいですね〜。
その前に、仕事なんですけど!

そういえば、ブログのコメントを閉じました。
閉じたはず、です。
なんだか返事に困ることが多くなってしまって。
サービスの足らんヤツだと思われるかもですが、そのぶん、書き物の中身でサービスいたしますぞ。

では。

posted by 栗原 at 10:29 | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

アドミラル小冊子について(発送しました)

2011年年内のお手紙にお返事としてレッド・アドミラルシリーズの小冊子をお送りする企画につきまして、お問い合わせをいただきました。
冊子の作成、送付が遅れ、大変申し訳ございません。

1/20までにお知らせいただいた住所移転を反映し、1/21にヤマトメール便と普通郵便を使用して冊子を送付いたしました。
国外発送をのぞき、今週中には皆様のお手元に届くかと思われます。
お手紙を出したはずなのに届かない場合は、2/4以降、住所氏名記載のうえ、ブログ左手のメールフォームよりお問い合わせください。


以下、ご質問への回答です。

「私の手紙は届いていますか?」
冊子発送後、届いていないようでしたら、お手数ですがもう一度ご連絡ください。

「個人情報を破棄していただきたいのですが」
すべての作業終了後一定期間をおき、リターンアドレスのある封筒などを全てシュレッダー→廃棄などの対処をさせていただきます。

「住所氏名は個人情報なので、途中まで書きます」
そのままこちらも表記します。届かなかったら、ごめんなさい……。

「電子書籍化して販売してほしいのですが」
この冊子に限らず、商業作品の明らかな続編、番外編を栗原ちひろが販売することは、今のところございません。
版元の消滅など、例外がある場合についてはその都度ご報告いたします。

少しでも楽しんでもらえますように。

redmihon.jpg
posted by 栗原 at 23:52 | TrackBack(0) | おしらせ | 更新情報をチェックする

歳の終わりのご挨拶

最近、刊行情報や必要にかられてのお知らせばかりで、失礼いたしました。
それなりに元気にやっております、栗原ちひろです。

先日、エトワール近衛隊の刊行記事にちらっと記載させていただきましたが、2012年いっぱいで少女小説での活動は、いったん休止させていただく予定です。
このことに関して、ぽつぽつお問い合わせをいただいております。
気にかけていただき、ありがとうございます。
「しばらく新刊が出ないということですか」というお問い合わせをくださった方、そうなると思います。
私は2005年から少女小説を書かせていただいておりましたが、少女小説作家の書き手としても、未熟なままです。さらにジャンルの外では、素人同然です。
それでも、そろそろ苦い水を飲んで一からやり直さねば、つまらないものを量産するだけだな、と思いました。
ですので、しばらく苦悩したり勉強したりしてきます。
よいものを作りたいです。
「作家の思うよいもの」など要らん、というご意見があるのは存じておりますが、自分がよいと思えないものを世に出すのなら、看板を下ろしたほうがよいと、私は思います。

そんなこんなで、来年は新しい作風を、しっくりと書けるものを作り上げていく年にしようかと!
本が出るかどうかは謎ですが、お気が向きましたら、たまにのぞきにきてやってください。
もしくは、この名前を覚えていてやってください。

忘れていただくとしても、この名前の看板を下ろすことになるとしても、私は一生何か書いていると思います。
それでは皆様、よいお年を。
posted by 栗原 at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。