2014年12月27日

サイン会ありがとうございました

少し時間が経ってしまいましたが、12月23日、クリスマスイブイブのサイン会、無事に終了いたしました。
参加してくださった方、お花をくださった方、代理で来てくださった方、みなさん本当にありがとうございました。

今回は私にとっては初めてのサイン会で、不安半分、あとの半分は「頑張ります!」という気合いだけ。
何をどうしたらいいのかわからず、ずっとそわそわしていました。
そんなに緊張しなくていいのよ、先生なんだからどーんとしていらっしゃい、と言っていただいたりもしたんですが、私はあまりどーんとしているのが得意じゃないのです。

あんまりにも寂しいことになると寂しいな、柴本さんも一緒だからそれはないかな〜なんて思いつつのサイン会当日。
整理券はMAX100枚のご用意で、当日もまだ若干の余裕がありました。
なので、これは早めに終わるかもね、なんて話も出たんです。
整理券を取っても、急に来られなくなることってあるじゃないですか。
だから整理券の数より、実際いらっしゃる方は少ないんじゃないかな〜という予想だったんですが、これがまたみんなの予想を裏切って、もの凄い出席率でして。
思わず計算しましたが、出席率95%でした……。
来られない方も、代理の方がいらしてくれたりして、いやもう、本当にありがとうございました。

当日は綺麗に晴れて、会場である横浜はクリスマス気分で華やいでおりました。
柴本さんは悪魔交渉人2巻に登場する悪魔のイメージのお洋服で、ボルトつきの王冠(!)をつけていらっしゃり、私は着物風の洋服(すみませんめちゃめちゃ普段着です)。
控え室で身支度した後に会場へ。
写真撮っておけばよかったのですが、全体の写真がありません……!
書棚に悪魔交渉人がずらり、営業さんの力作ポスター、そしてたくさんのお花に迎えて貰いました。
いただいたお花が、紫と青基調のものがとびぬけて多くて、ああ、そういうイメージなんだ、としみじみするなど。
サイン会開始します、と書店さん側のスタッフさんの声で拍手などして、会を始めました。

会自体は、まず私がサインして、柴本さんにお渡しし、柴本さんがサインとミニキャラを描き、編集部メンバーが私の小話ペーパーと柴本さんのイラストカードを渡す、という流れです。
柴本さんのほうがどうしても時間がかかりますので、柴本さんが絵を描いている間、参加者の方とお話する時間がとれたのが嬉しかったです。
張り切って話しすぎて、若干面接か栗原オンステージになってしまった方、すみません……。
皆さん結構色々お話してくれて、嬉しかったです。
たくさんの差し入れもありがとうございました。
出席率の件にせよ、差し入れの件にせよ、担当さんが、「こんなの初めてです」と連呼されていたのが印象的でした。

午後の2時から始めて、結局終わったのは5時。
3時間にわたる長丁場でした。
お待たせしてしまった方、本当に申し訳ございません。
終始雰囲気がよくて、読者の方々にまた助けられたなあ、と思っています。
参加者さんにとっても、少しでも得した! という感じの会だったら万々歳です。

去年はまる1年休眠していて、友だちに言わせると、もう一生ぶん書いたんだ、もう死んでもいいんだ、みたいなことをよく言っていたらしいんですが、今は普通に、私はまだまだ書くんだろうなあ、と思っています。
ひとに楽しんで貰うことが好きで、その手段としての小説を、やめることはないんだろうなあ、と。
そう思わせてくれた読者さんたちと、L文庫さんと、初代&現担当さんと、小説の神様に心からの感謝を。
ポスターを作るのが上手な営業さんと、熱い愛を語ってくださった書店さんと、ひやか……応援に来てくれたお友達作家さんと、柴本さんのご家族、いつも支えてくれる私の家族にも、ありがとうございます。

来年もまた、頑張りましょう。
まだまだ、見たい景色があるはずなのです。
posted by 栗原 at 00:32 | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

その名の通りの近況

こちらではご無沙汰しております。
栗原ちひろです。

少女小説を少しお休みするということで、裏で色々と動いています。
軟着陸も、背伸びも、ちょっと意外な方向もありで行きたいな〜と思っている今日この頃。
応援してくださる方はいるので、あとは自分がどれだけ書けるかの問題です。

読者の皆様には、何やらご心配をおかけしているむきもあるようで、「どのように応援したらいいですか」と、ありがたいお言葉をいただいたりもします。
それもこれも私が不甲斐ないからだなあ、と思うのですが、焦ってもせっかくリセットした意味がなくなってしまうので、納得できるものが完成するまで、地味に己と闘っていこうと思うのです。

そんなこんなで自分の非才っぷりにギリギリしながらひっそり活動していたら、いきなり体調を崩し、人生初入院を体験してきました。
テキトーめの生活態度とは(多分)関係なく、元々体も丈夫な出来なので、今回は運が悪かったというか、まあ、こういうこともあるよね、というような話です。
開腹手術だったのですけれど、命に別状はなく、術後の生活への影響も最低限で済むはずなので、私はむしろ運がよかったのではないかなあ、という感想。
白くて四角い国で過ごすうちに、大分体力が落ちてしまったので、無理せずじわじわと日常に復帰していきたいところです。

早く外でひとと飲める程度になりたいですね〜。
その前に、仕事なんですけど!

そういえば、ブログのコメントを閉じました。
閉じたはず、です。
なんだか返事に困ることが多くなってしまって。
サービスの足らんヤツだと思われるかもですが、そのぶん、書き物の中身でサービスいたしますぞ。

では。

posted by 栗原 at 10:29 | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

歳の終わりのご挨拶

最近、刊行情報や必要にかられてのお知らせばかりで、失礼いたしました。
それなりに元気にやっております、栗原ちひろです。

先日、エトワール近衛隊の刊行記事にちらっと記載させていただきましたが、2012年いっぱいで少女小説での活動は、いったん休止させていただく予定です。
このことに関して、ぽつぽつお問い合わせをいただいております。
気にかけていただき、ありがとうございます。
「しばらく新刊が出ないということですか」というお問い合わせをくださった方、そうなると思います。
私は2005年から少女小説を書かせていただいておりましたが、少女小説作家の書き手としても、未熟なままです。さらにジャンルの外では、素人同然です。
それでも、そろそろ苦い水を飲んで一からやり直さねば、つまらないものを量産するだけだな、と思いました。
ですので、しばらく苦悩したり勉強したりしてきます。
よいものを作りたいです。
「作家の思うよいもの」など要らん、というご意見があるのは存じておりますが、自分がよいと思えないものを世に出すのなら、看板を下ろしたほうがよいと、私は思います。

そんなこんなで、来年は新しい作風を、しっくりと書けるものを作り上げていく年にしようかと!
本が出るかどうかは謎ですが、お気が向きましたら、たまにのぞきにきてやってください。
もしくは、この名前を覚えていてやってください。

忘れていただくとしても、この名前の看板を下ろすことになるとしても、私は一生何か書いていると思います。
それでは皆様、よいお年を。
posted by 栗原 at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

ファンタスティック・ヘンジ

小冊子作成中で申し訳ございませんが、創作文芸同人誌に寄稿しております。

タイトル:ファンタスティック・ヘンジ
判型:A5サイズ
表紙込み58ページ、フルカラー表紙、オンデマンド印刷
頒価:500円
執筆者:縞田理理、妹尾ゆふ子、ひかわ玲子、神尾アルミ、栗原ちひろ(順不同敬称略)

※内容は完全オリジナルになります。各自の商業作品のサイドストーリー的なものではありません。
試し読みなどは公式ページへ。
https://t.co/Z639Ppdy

読んでみたいという方は、12/29のコミックマーケット83にて、ひかわ先生のファンクラブのサークルさんで委託させていただくことになりましたので、のぞいてみてください。

【委託情報】
イベント名:コミックマーケット83(1日目)
日程:12/29(土)10:00〜16:00
(参考)http://www.comiket.co.jp/info-a/C83/C83info.html
場所:東京ビックサイト
サークル配置:東1ホール カ-60a
サークル名:「ひかわ玲子プロジェクト」

※サークルの方に失礼のないよう、よろしくお願いいたします。
posted by 栗原 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

このライトノベルがすごい!

このライトノベルがすごい!2010にて、「レプリカ・ガーデン」シリーズと、「世界画廊の住人」をご紹介いただきました。
ありがとうございます。

しかし、今回は少女向けからのピックアップがおそろしく少ないような……?
少女向け専門のガイド本というのは、やはり商業的に成り立たないものなんでしょうか。
よいもの、色々埋もれていると思うのですが……。


posted by 栗原 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする