2011年12月17日

シャイターンの花嫁 偽りの巫女姫と影の王子

2011年12月17日、一迅社文庫アイリスより、「シャイターンの花嫁 偽りの巫女姫と影の王子」発売。

シャイターンの花嫁 偽りの巫女姫と影の王子 (一迅社文庫 アイリス く 1-2) [文庫] / 栗原 ちひろ (著); 結川 カズノ (イラスト); 一迅社 (刊)

【特典情報】アニメイトさんでは主人公とナーギ(表紙の白髪のほう)、Wonder Gooさんでは主人公とカファス(表紙の人相が悪いほう)のSSがおまけについてきます。後者はED後に読んだほうがいいかも。

あなたが私のすべてだった。
だから、あなたがいなくなった私の人生はおしまい。
『アイシャ』は死んで、今、新たな復讐の人生が始まる――

十の氏族が統べ、精霊王を奉る砂漠の王国、カダル。
主人公であるアイシャは、精霊王に仕える氏族、フェッダの一員であった。
ところが四年前のある日、何者かの陰謀でフェッダは精霊王の怒りを受けて滅び、アイシャが仕えていた巫女姫、カミリア姫は殺されてしまう。
臆病な侍女だったアイシャはカミリア姫の魔法の指輪を受け継ぎ、フェッダを滅ぼしたものへの復讐を誓う。
高位精霊のナーギに命を売って生きながらえ、指輪の力でカミリア姫に変身し、敵とおぼしき王子に嫁ぐのだ。
しかし、嫁いだ先の王宮にはやけに秘密が多すぎる。
影のある第一王子、マハールは真意を見せず、マハールに仕える苛烈な軍人、カファスは変身前の『アイシャ』を熱心に求める。
奇妙な二重生活。姿を見せない国王の第二夫人。
アイシャを餌としか見ていない精霊、ナーギの気まぐれ。
さらには謎の盗賊に、暗殺事件――真実を求めるアイシャの運命は?


ひたすらにドラマチック、を目指したアラビアンな冒険ファンタジーです。
posted by 栗原 at 11:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 刊行情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、アイシャになりた〜い!!!!   つらいこともあると思うけど、やっぱり、 ナーギに、愛されてるとおもう・・・・。 ずるいぃぃぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜。やっぱ    この本最高っっっ!!!!!
 
Posted by ミナミ at 2011年12月20日 22:58
熱いコメントありがとうございます!
ミナミさんはナーギ派なんですね〜。私も彼をもふもふしたいです。冬にはよさそう……
Posted by 栗原 at 2011年12月21日 11:10
お返事ありがとうございます!
まさかかえってくるとは、思ってみませんでした。わたしも、もふもふしたいです♪
授業中とかとくに(笑)
こ、こんなことここにかいてもいいのかな?
ダメだったらすいません…。
消してもらってもけっこうです。
わたしも、栗原先生のような作家になりたいです。
こんなすてきな話書いてみたいな〜
Posted by ミナミ at 2012年03月02日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/240945130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。